成功を引き寄せる鍵となる来因宮

欽定派の紫微斗数では、「来因宮」がとても重要な宮とされています。
理由は、来因宮が人生の成功を左右すると言っても過言ではないからです。

それでは、成功を引き寄せるために来因宮が重要視されている2つの理由と来因宮の調べ方について詳しく紹介します。

来因宮が成功を引き寄せる2つの理由

欽定派の紫微斗数で来因宮が重要視されている理由は、次の2つです。

・来因宮で前世未了の縁がわかる
・生年四化は来因宮の位置で決まる

前世未了の縁とは「前世で達成できなかったこと」になります。
この目標を達成することこそが、今世で魂を成長させて人生を成功に導くことができるのです。

また、生年四化(生年禄・生年権・生年科・生年忌)は、私たちがこれらの目標を達成するための武器として授かっています。
武器の使い方・何に使えばいいのかを知ることこそが成功の鍵になるのです。

例えば、子女宮が来因宮の人は前世で子供のことで後悔を残しています。
この後悔を今世で達成することが人生を成功に導きます。

夫妻宮が来因宮の人なら、夫婦間の問題をクリアすることが今世の課題です。
しかし、これらの課題をクリアするためには、結婚や子供の誕生などにおいて試練が準備されていることもあります。

紫微斗数では、これらの試練をあらかじめ知ることができるのです。
試練を乗り越えるためにも、まずは試練と自分に授かった武器を知ることから始めましょう。

成功を引き寄せる来因宮の調べ方

来因宮は「生まれた年の十干の宮」になります。
また、次の2つのルールがあります。

※子宮と丑宮は来因宮にならない!
※来因宮は誰でも一つだけ!

このルールに従って来因宮を調べると、この命盤の来因宮は「兄弟宮」になります。

財帛宮
D46
癸巳
子女宮
D36
甲午
夫妻宮
D26
乙未
兄弟宮
D16
丙申
疾厄宮
D56
壬辰
火六局 年:丙〇 命宮
D6
丁酉
遷移宮
D66
辛卯
父母宮
D116
戊戌
奴僕宮
D76
庚寅
官禄宮
D86
辛丑
田宅宮
D96
庚子
福徳宮
D106
己亥

兄弟宮が来因宮の場合は、兄弟や親友との間に前世で心残りや借りがあり、その借りを返すことが今世の目標と観ます。その他、兄弟宮が来因宮の人は、母親と縁が深く、忙しくなりやすい人が多いなどの特徴があります。

また、財帛宮を命宮にすると兄弟宮は田宅宮にあたることから、家を手に入れる人が多いともされています。

宮ごとの来因宮の意味

命宮が来因宮の人

今世の目標
自分自身の人生全般の問題を解決すること
人生傾向
・自立心が強く起業したがる人が多い
・仕事人間になる人もいる

兄弟宮が来因宮の人

今世の目標
兄弟や親友
人生傾向
・母親との縁が深い
・忙しくなりやすい
・家を手に入れる人が多い

夫妻宮が来因宮の人

今世の目標
配偶者との問題を解決すること
人生傾向
・結婚できる可能性が高い
・仕事人間になりやすく夫婦間の問題が起きやすい

子女宮が来因宮の人

今世の目標
子供や生徒、目下の人との問題を解決すること
人生傾向
・子供や目下の人との縁が深い人
・忙しくなりやすい
・出張などが多くなる傾向もある
・人を導く仕事に向く

財帛宮が来因宮の人

今世の目標
お金に関する問題を解決すること
人生傾向
・結婚できる可能性が高い
・生涯仕事をするタイプの人
・自分の利益を優先すると夫婦間に問題が生じる

疾厄宮が来因宮の人

今世の目標
健康問題を解決すること
人生傾向
・宮の状態が良い人は健康オタクになりやすい
・宮の状態が悪い人は健康問題に悩まされる
・自由を好む人が多い
・先祖との縁がある

遷移宮が来因宮の人

今世の目標
社会生活を送る上での問題を解決すること
人生傾向
・結婚できる可能性が高い
・ハプニングに合いやすい
・忙しくなりやすい
・転勤族も多い

奴僕宮が来因宮の人

今世の目標
同僚やご近所さんなどとの人間関係の問題を解決すること
人生傾向
・友人との縁が深い
・奴僕宮の状態が悪ければ友人が少ない
・父親との縁があり、父親に似ることもある

官禄宮が来因宮の人

今世の目標
仕事に関する問題を解決すること
人生傾向
・結婚よりもキャリアを優先するタイプ
・結婚できる可能性も高い
・仕事に集中し過ぎると夫婦間に溝ができやすい

田宅宮が来因宮の人

今世の目標
家庭や不動産における問題を解決すること
人生傾向
・家族や先祖との縁が深い
・末っ子でも家業や家を継ぐ人も多い
・不動産運がある

福徳宮が来因宮の人

今世の目標
精神的な問題を解決すること
人生傾向
・ご先祖様の助けでチャンスに恵まれる
・スピリチュアルなことを好む
・結婚できる可能性が高い

父母宮が来因宮の人

今世の目標
両親や師匠にあたる人との問題を解決すること
人生傾向
・ジャッジする仕事、公の仕事、学校に関係する仕事をする人が多い
・忙しくなりやすい
・父母宮の状態が悪ければ親のことで苦労をすることもある
・父親に似る可能性が高い

来因宮が入る宮からは、前世でやり残したこと=生まれ変わって今世で達成すべきことがわかります。
また、来因宮は生年四化が飛星する元となります。

達成すべきことがわかったところで、次は武器として生まれながら備わっている生年四化をチェックしておきましょう。
生年四化については、次回の記事で詳しく紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 命無正曜 より:

    はじめまして。
    ココナラで命無正曜と名乗っている者です。
    とてもわかりやすく、すっきりとまとめてあるので
    今後の鑑定の参考にしたくコメントさせて頂きました。
    更新を楽しみにしております。

    • shibitosulabo より:

      コメントありがとうございます!こんなに嬉しいコメントがいただけるなんて思ってもいなかったので、めちゃくちゃ喜んでいます*\(^o^)/*
      できるだけたくさん更新していこうと思いますので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m